静岡県三島市の商店主が集まり独自の視点で
三島の魅力や元気のいいお店を紹介しております。
スマートフォンでもご覧いただけます
三島商工会議所商業部会、個店魅力アップ委員会

蜘蛛ヶ淵の伝説

これは静岡県三島市に伝わる昔話です。

蜘蛛ヶ淵の伝説

むかし、大徳院の坊さんが釣りざおをかつぎ、ぞうりをはいて、沢地川に釣りに来ました。天気もよく、魚もたくさん釣れたので、ビクはたちまちいっぱいになりました。

 ふと足元を見ると、大きな蜘蛛が滝の淵から、坊さんのぞうりにせっせと糸をかけています。蜘蛛がどんどん糸をかけているので、坊さんは気味が悪くなりました。ひょいと、ぞうりをかたわらの樫(かし)の木にかけたところ、まもなく雷のような大きな音と共に、木は淵の中に引き込まれてしまったそうです。

 坊さんは、びっくり仰天。あわてて逃げ帰り、途中でビクの中をのぞくと、釣れたはずの魚がみんな笹の葉に変わっていたということです。

 それからは、この淵を、蜘蛛が淵と呼ぶようになったそうです

https://www.city.mishima.shizuoka.jp/kakukaHP_system_kanrika/amenity/shizenkankyo/taki/taki.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スマートフォンゲームIngressの「みしまるくん三島の昔話ミッション全18話」の中に登場する18話めのお話 「蜘蛛ヶ淵」は菰池公園のあたりのポータルをハックする簡単なミッションに設定されています。

蜘蛛ヶ淵ミッションをチャレンジされた方から、そのような場所は存在するのか?
との問い合わせが多数ありましたのでおこたえいたします。

実際の蜘蛛ヶ淵の場所はこんな所。

ちょっと山の中で遠いんですね。

車でおいそれと行ける場所でもないので今回は写真で紹介させていただきます。
それでは、お話の舞台となった「蜘蛛ヶ淵」に行ってみましょう。
三島大社前からですと直線距離で5.3km
まずは沢地方面に向かって歩き、龍澤寺を目指します。
龍澤寺を過ぎると伊豆縦貫道の陸橋が見えてきます。
下をくぐり平成台の一番奥に行くと山に向かう道が見えます。



この道を入り、沢地川上流に向かい、さらに進みます。


橋を渡り、支流を何本か越え、

更に進むと


道脇に農機具小屋が見えてきます。


この脇を進み

山道を進むとすぐに滝の音が聞こえてくる。

滝が見えた!
さらに
滝に近づくと滝壺が二段になっていることがわかる。



こんな感じ



ここが蜘蛛ヶ淵なのです



一段目の滝壺からは二段目の滝には登れず、
上の滝ツボに登るには、滝右側の崖を登るしかない。
写真右上にロープが垂れている


さすがに、この崖は登れそうもないので
ダッコしてもらい登った先には



おっおーっ


ついに到着!
滝の上からみるとこんな感じ





ポータル申請が復活したら登録したいところだと
スキャナを立ち上げると・・・
この通り No Data Connection
GPSが確定できません。
残念。



今日はここで朝ごはんにしようかと思ったが
なんだか薄気味悪い場所だ
早々に立ち去ることにする。



帰り道、ところどころで蜘蛛の巣をみつけたが
滝壺に引きずり込まれないように注意しながら
蜘蛛ヶ淵をあとにする。
----------------------------------------------

このように世界各地の名所をまわってみたいと思ったら
無料オンラインゲーム Ingress(イングレス)をダウンロードして
スキャナーを立ち上げてみてください。
あなたの近くにある、意外と知られていない名所まで導いてくれますよ。




アンドロイド端末の方はGoogle Playから

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.ingress&hl=ja


iPhone の方はApp Store からどうぞ

https://itunes.apple.com/jp/app/ingress/id576505181?mt=8

Ingressや三島の名所を知りたいときは
スマートフォンの無料充電 ポータル店でお聞きください
http://mishima2u.blogspot.jp/p/blog-page_14.html